葬儀を行う流れ、千葉はどうかざっくりと把握しておこう

いざ、葬儀を千葉で行う場合、参列する側も執り行う側も流れについてある程度把握しておくことが必要です。

ざっくりとイメージしておきましょう。

□千葉の葬儀の流れ

千葉で故人が亡くなった場合、葬儀は一般的な方法で行われるのが大半です。

病院で亡くなった場合は、死亡診断書の発行と葬儀社の手配をまず行います。

懇意にしている葬儀社があれば、そこを利用するのがベストですが葬儀社の当てがない場合はインターネットの口コミやプランを見て最適なものを選ぶようにするのがおすすめです。

病院から紹介された葬儀社は若干費用が高い傾向にあります。

葬儀社が決まったら、お通夜と葬儀について打ち合わせをします。

ご遺体の搬送場所や斎場などの確認や、喪主を決定するなどやることが山積みです。

また、故人がお世話になった方へのお通夜と葬儀の案内もこのタイミングで行います。

お通夜はだいたい夕方から数時間程度をかけて行われ、地域によっては通夜振る舞いという簡単な食事会を行うところもあります。

お通夜の翌日が葬儀となりますが、千葉の場合は地域によって葬儀前に火葬を済ませてしまうところがあるので注意しましょう。

葬儀では、参列者を受付で迎えた後、僧侶の到着を待ち執り行われます。

読経と焼香を行い、弔電の読み上げや喪主の挨拶を経て出棺となります。

火葬を行う場合はご遺体は霊柩車に乗せられ火葬場へ向かいます。

火葬場では最後のお別れと読経をし、「骨上げ」を行います。

その後、初七日や四十九日の法要があるので確認しておきましょう。